活用しない手はない

>

仕事の探し方

登録をする

ハローワークで転職活動または求職活動をするにあたっては、まず求職申込書を提出します。
求職申込書に記入する項目は、名前や住所、連絡先などのほかに、職種や希望収入、勤務形態、これまでの会社や仕事の経歴などです。

この求職申込書を登録するとハローワークカードが発行されます。
ハローワークカードには、求職番号が記載されておりハローワークの求人を検索する際に使うことができます。
その番号には先に記入した求職申込書の情報が入っているので、検索のする上でも効率よく探せるというわけです。

求人を検索して気になる求人がみつかった場合には、その求人の番号を窓口へ伝える(またはその求人票を印刷して提出)すれば、その求人について詳しい情報を聞く事ができます。

紹介状とは

ハローワークを利用する際には、少ないですがいくつかの書類が必要になります。
ハローワークで求人を効率よく探すには、ハローワークカードとそこに記載されている求職番号が必要なります。
また、紹介状と呼ばれるハローワークが発行する書類があり、求人に応募する際に必須となる場合もあります。

この紹介状は、文字通りハローワークが求職者を企業に紹介したということを証明するような書類でもあり重要です。
求人を掲載している企業によっては、面接時などにこの紹介状の提出が必須の会社もありますので応募の際にはチェックしましょう。
企業にとってはハローワークからの応募者であることを証明するものであり、履歴書や職務経歴書と同様に大事なものです。


この記事をシェアする