ハローワークを使って効果的に求人情報を集める方法

活用しない手はない

ハローワークの特徴とは?

失業保険の受給申請などでの利用は多いと思いますが、ハローワークは職業に関するあらゆる情報が集まっているのです。 雇用主(企業)も利用しますし、雇用される側も利用します。 実に多くのサービスが用意されていることがわかりますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

仕事の探し方

ハローワークを利用するには、まずは直接足を運ぶことから始まります。 転職活動においてもインターネットを利用することが主流となっています。 しかし、ハローワークには独自の利便性とサポートがあることも大きな強みです。 ハローワークでの仕事の探し方をご紹介します。

ハローワークでできること

扱っている求人件数や応募に至るまでのサポートなど、ハローワークには利用者にとって価値あるサービスを提供しています。 しかし、就職支援のサービスだけがハローワークの業務ではありません。 「働く」ということに関して多くのサービスを提供しているのです。

おすすめリンク

キャリムエンジニアリングって何を運んでいるの?

輸送業の中でも特殊なキャリムエンジニアリング。一体どんなものを運んでいるのでしょうか?

宇宙飛行に欠かせない?キャリムエンジニアリングの仕事

宇宙開発の機材運びに欠かせないキャリムエンジニアリング。グローバルな仕事内容を紹介します。

輸送だけじゃない!キャリムエンジニアリングの丁寧な仕事

梱包や搬入作業まで、キャリムエンジニアリングの輸送における全ての手順を紹介します。

教育制度の充実した沖縄の美容師求人は?

出産や育児などでブランクがあっても働きやすい教育制度のある沖縄の美容師求人を紹介しています。

ハローワークを使うメリット

かつては通称また略称で「職安」とも呼ばれたハローワークですが、その正式な名前は公共職業安定所です。
安定した雇用機会を確保する目的で国が設置した機関なのです。
アルバイトやパート、正社員などあらゆる雇用形態を網羅しているのが特徴でもあります。
しかし、最も大きな特徴は求人数の多さです。
国の機関だけに全国には500ヶ所以上の求人が集まっているのです。

ハローワークは、国が提供するサービスでもあり無料となります。
求人情報の紹介や検索するサービスだけではなく、失業者や転職希望者への転職するためのカウンセリングなども行われており、それらのサービスももちろん無料です。
また、職業訓練などのあっせんも行っており、就職するために一定のスキルを身に付けることを目的としています。

もうひとつハローワークの特徴としてあげられるのは、幅広い世代をカバーしているということでしょうか。
民間の就職支援サービスが若年層がメインで、ハローワークはミドルやシニア層というイメージもありますが、最近では双方ともサービスを網羅している傾向にあります。
ハローワークでは、新卒では「新卒応援ハローワーク」、29歳までの若い世代を対象とした窓口「ヤングハローワーク」があります。
子どもがいるお母さん向けには「マザーズハローワーク」という窓口もあります。
もちろん、シニア向けの窓口もあります。
自信がない方には(第二新卒やニートなど)、キャリアカウンセリングのサポートもあるのです。